オンシーズンのメリット

朝から晩まで海に入れる

沖縄県は夏に観光シーズンのピークを迎えますが、観光客で込み合うだけでなく航空券も高めな夏はあまり旅行に向かないと言われることもあります。しかし、そんなこともなく実際にはオンシーズンに旅行をするメリットがありますので、夏に旅行をするのもおすすめです。確かに夏場は混み合いますが、春や秋とは違って朝から晩まで暖かいため、混んでいるのが嫌なら早朝に海水浴場で泳ぐという事も出来ます。朝日を見ながら海水浴やマリンアクティビティを楽しむというのは水温が高い地域でしかできないことのため、それは貴重な体験になるはずです。また夏の夜に海辺で天体観測をしたり夜景を楽しんでいる時、熱帯夜に耐えられなくなったら海に入ってすぐに体温を下げられます。

閑散としていない事がメリットになる

夏場は各地が混み合うという側面がある一方で、閑散としていないという風に捉えることもできます。つまり、何処に行っても人気観光スポットは人で賑わっていますので、一人で旅行をしていても寂しさを感じることがないのも大きなメリットと言えます。また、冬場に誰も来ないような観光スポットで急に体調が悪くなったとしても、誰かに助けを求める事はできません。一方、夏場であれば、そんなに人気がない場所にもある程度の数の観光客は存在するため、いざという時には周囲の人に助けてもらえます。その他、閑散としている観光地では、周囲の目がないことが仇となって一人で旅行をしている場合に犯罪に巻き込まれたりする可能性がないとは言えません。しかし、人がたくさんいればその中に不審者がいたとしても周囲の目があるため無防備な一人の旅行客を襲ったりできないという意味で、女性一人でも安心して旅が出来ます。

宮古島ほど有名ではない久米島のツアーを探す場合、沖縄の離島ツアーに強い旅行代理店に相談すると、希望通りのツアーが見つかるでしょう。